一時的な保管場所にも永代納骨としても現代の納骨堂は柔軟対応です

施設選びを助けてくれる

手を合わせる男性

納骨堂という外墓と違った埋葬文化が定着しつつあります。
一般的に納骨堂という施設は、一時的な遺骨保管場所としても永代使用する本格的な墓所としても、利用する家族が柔軟にプランを決めていけれる埋葬方法なのです。
中でも東京は一時保管よりも永代納骨で利用する家族が多いのが特徴で、外墓のように高すぎる墓石と土地を購入せずとも経済状況に見合った、無理の無い埋葬を納骨堂で行う家族が増えて来ているのです。
ただ東京にしろ地方にしろ、今まで納骨堂や埋葬を自分たちで行った事の無い家族は、初めての納骨堂はどういう点に注目して選べば良いのか分からないでしょう。
最近は納骨堂ビギナーをサポートしてくれる納骨堂アドバイザーが出てきました。
東京など都会で利用する家族が増えて来ている事もあり、損をせず納得できる納骨堂利用のご意見番として、納骨堂業界に詳しい専門家が埋葬をトータルプロデュースしてくれるサービスなのです。
これは初めて納骨堂を利用する家族にとってかなり心強いサービスなので、東京を中心にニーズがどんどん高まってきています。
外墓と比べれば費用を低く抑えれるとはいえ、それでも数十万の金額を必要とする東京の納骨堂なので、間違いや失敗が無いよう専門家が一緒に施設選びをしてくれるのは、非常に気持ちの面で楽になれると言えます。
こういった納骨堂アドバイザーは弁護士相談と同じように一定の相談料金が必要となりますので、サービス業者のウェブサイトにアクセスして料金システムをチェックしておくと良いでしょう。

合掌する女性

個人か家族かで費用が変化

お見送り

個人埋葬と家族埋葬では納骨堂にかかる費用が変わってきます。お墓を受け継ぐ後継者の有無によってどちらを選択していくのかを決めていきましょう。利用者の要望に柔軟対応できるところが望ましいです。

通いたくなる周辺環境

祭壇

お参りに何度も通いたくなるような周辺環境である事も、良い納骨堂選びのポイントです。ともすれば気持ちが落ち込んでしまいかねない「墓所」ですので、どうせなら明るく爽やかになれる環境に埋葬するのが皆にとって良い事なのです。

利用目的に合った施設検索

白い花

今どきの便利な納骨堂情報サイトでは、利用目的や家族状況に合わせた検索機能が充実しています。宗派や価格帯ごとの絞り込み検索は、都合の良い納骨堂選びをスムーズに手助けしてくれます。